2018/01/17

高知・若山楮へと道中で考えた「やっぱりお金」について





昨日から高知に来てる、1年ぶり。
1週間高知滞在、その間黒潮町の若山楮でお世話になり、その後1週間くらい未予定の旅にでる。
下道の道中は遠いけれど、町並み風景を感じてドライブするのはいい。
そしてそのたっぷりの時間で考えごともする。
自分で決めた期限、4月からどうするか。
やるべきことは決まってるんだけどな、でも考えてしまう。

2018/01/10

岡田屋さんでいただいた襦袢と布のこと





布が好き、特に古い布は。
ファッション、古着、着物、表現方法。
服飾からは離れたけど、やっぱり好きなんだよ身につけるもの。
歳とると一層、古いものがしっくりくるなぁ。
繕って、土に帰るまで付き合いたい。
紙も布も、きっと木を扱うことも、そうやってモノをつくりたい。


2018/01/04

おしらせ【香美町成人式2018写真集】撮影会!

写真部・Uturuうつる、第4弾『香美町成人式2018』写真集の撮影会を実施します。
香美町成人式の写真集づくりは2015年から取り組みはじめ、個人個人を撮影し、記憶に残るかっこいい写真集を目指しています。
1月7日(日)の式典のあと、ロビーや会場前あたりにて撮影します。
写真集は2月中頃公開・販売予定です。
詳しくはホームページやFacebookにてお知らせしています。
■「Uturuうつる」サイト
http://kaa-mii.wixsite.com/uturu
■Facebookページ
https://www.facebook.com/uturuphoto/

※2015〜2017年の写真集を各区中央公民館および香住・村岡社協にて設置していますので、ご覧ください。

2017/12/31

ことば、ことば、言葉





うれしい言葉でしめくくる。
年末年始、朝来・さのう高原で本読んだりサンポしたり、
沖縄のめいっ子からフラの特訓を受けたりすごす。
宿題も今年の仕事もそっちのけ。
柳美里さんの言葉を味わいながら、昔のことを思い出す。
いろんな言葉を思い出す。
そして今年たくさんもらったうれしい言葉、幸せな言葉を思い出す。

2017/12/30

おしらせ【紙からつくったはがき展】但馬大仏・長楽寺さん

昨年度からはじまった「村岡高校生が射添小学生に紙漉を教える」シリーズ。
今年は高校生と小学5年生がペア4組になって、一緒にデザインも考えて「絵はがき」をつくりました。

さらにもう一歩進んで、作った紙を活かして広がりを持てないかなぁ、と高校生を相談したところいろんなアイデアが飛び出し(担当の先生のアイデアも斬新でスゴイ!)、その一つにこのはがきの一部を浜上町長にあいさつ状などとして使ってもらう、という案がでました。来年の春頃、お届けする予定。

その前にこの取組を地域の方にも知ってもらいたい!ということで、地元・射添地区で年末年始たくさんの方が来場される但馬大仏「長楽寺」さんにて展示させてもらっています。
小さな展示ですが、参拝にいかれるみなさま、ぜひゆっくりご覧ください。


活動のレポートが遅れていますが、今回の「はがき」づくりは9月に長須の紙漉場「紙処」にて行いました。
高校生と小学生のペアがそれぞれ個性があってオモシロイ。
どちらにも「楽しかったなぁ〜」感がのこればいいなぁ。
まぁ、一番楽しんでるのはワタシなんだけど。


ペアになってデザインを考え、漉き込む素材(押し花や毛糸など)を選びます。


ベースとなる紙を漉きます。じっくり丁寧に教えてくれる。

漉いた紙の上に素材を配置。

ひっくり返して紙を簀からはずします。

温めたステンレス板に貼って乾燥。
カラフルでそれぞれでステキ☆

2017/12/20

写真部・Uturuうつる 【企画する人の伝わる写真講座】


【企画する人の伝わる写真講座】
 〜写真部「Uturuうつる」主催〜

2018/01/06/sat.
13:00〜16:00
場所:長須公民館(兵庫県北部・香美町)
部費:¥1000
定員:5名 

【内容】基本的なマニュアル設定の仕方を学び、企画のイメージに合う「伝わる・発信力ある・魅力的な写真」を撮るポイントを実践しながら教わります。

【目標】
◎カメラをフルマニュアルで扱える
◎写真の上達の仕方がわかって、自分で練習できる

【対象】ワークショップやイベント企画、活動の発信などを行っている方・行いたい方、ステップアップしてもっと「人に伝わる」告知やブログなどを作りたい方。 
※《要》マニュアル設定ができるカメラ
※定員になり次第しめきります。

【申し込み・詳細はこちら】
http://ptix.at/fWykHa


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 【講師紹介】豊田 健さん(トヨケン)

 長野・福山・神戸・香美・世田谷の5拠点居住。
(株)Ridilover地域協働事業部長。同社スタディツアー販売サイト編集長。体験コンテンツをわかりやすく魅力的に伝えるための写真を専門とし、人物・静物撮影がメイン。最もクリックされ、最も購入や申込みまで促すことができる写真やデザインを探求中。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【写真部「Uturuうつる」について】
 http://kaa-mii.wixsite.com/uturu
兵庫県北部、香美町を中心に写真を通じた発見や発信をおこなっている部活動。
現在主に香美町成人式の写真集づくりや、香住区内の三番叟・秋祭りの撮影をおこなっています。
発信をしたい部員募集中!
(里山の部活動「ながすくらす」も一部活として関わっています。)

2017/12/17

雪の鳥取森仕事とやっと香美町に帰ってきた気分

四駆軽バンを乗り回して、鳥取の雪の
山道・峠道を走るおもしろさに大興奮。
いままで見たことない雪の世界を見る。
車中泊しながらの鳥取出稼ぎ仕事。
お昼ごはんも登山用カセットコンロを持ち込んで、
絶景であったかご飯を食べる贅沢。
思わぬ人に出会ったり、雪の時はオトクな気分。

三重、鳥取、そしてやっと香美町に帰ってきた。
いろんなひとの「おかえり」がすごくしみる。

ホームシック解消の柴山・凪、いつものメンバーで鍋パーティ。
翌日は役場や公民館、社協などなど、狩猟の手続きと
写真講座イベント案内の掲示をお願いして回る。
ひさしぶりの方々とちょっと世間話したり、気軽にあいさつを交わす。
公的な場(元職場)で、いろんな話ができるのは
この町に暮らしてる実感が湧いてくる。

12月号の香美町広報、一枚目ひらいたページに
例の移住定住「WONDER KAMI」の紹介で、
和美ちゃんとともに写真が掲載されてたり、
10月に行った「露天風呂づくり」スタディツアー
の記事も載せてもらってる。
ますます住んでる感が増す。
■香美町広報12月号
http://www.town.mikata-kami.lg.jp/www/contents/1512360143995/files/2912_153.pdf

あ〜〜ワタシ、ココで暮らしてるんやな。
ココでやりたいことやるんやな。
雪とともに帰ってくる場所を確認した数日。